弁護士に依頼する重要性

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

国が責任を認めていて、救済制度があるならB型肝炎の給付金請求訴訟を急ぐ必要はないのでは?と思う人もいるでしょう。そもそも感染した人の多くは、何も悪いことをしていませんので、責任は全て国にあります。しかし救済制度を設けていても、給付に関する法律があるため、無期限で給付金を支払うわけではないのです。

診断書
引用元 《ご依頼から給付金を受け取るまでの流れ | B型肝炎訴訟・給付金請求なら弁護士法人アディーレ法律事務所

未だ自身が集団予防接種によってB型肝炎に感染させられたということすら知らずに生活している人もいますし、中にはB型肝炎が原因で亡くなった人もいます。それなのに給付金に期限設定するのもおかしな話ですが、法律である以上仕方ない部分もあります。

この件については対象者が国に対し、B型肝炎の給付金請求訴訟を起こし給付金を請求しなければいけません。請求できるのは平成34年1月12日までと決まっています。以前は平成28年5月13日までとされていましたが、給付金を受け取った人が全体の5%に過ぎないため、5年間延長となっています。5年間の延長があったとしても、45万人と言われる感染者全員が給付金を受け取るのは難しいでしょう。このような理由があるので、請求は早めにしておいた方がいいのです。弁護士に依頼しても最短で半年かかるので、対象者なら早めに請求しておくことをおすすめします。

依頼する際の着手金

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

弁護士バッジ弁護士に仕事の依頼をする場合、それがどんな目的であっても着手金を支払います。手付金のようなものですが、着手金をいくら取るかは弁護士や事務所によって違います。通常着手金は依頼する時に支払いますが、B型肝炎の給付金請求訴訟の場合は着手金を後払いにしてくれるところが多いので、すぐにお金が用意できなくても、とりあえず依頼はできます。

着手金の問題をクリアできれば、気軽に相談や依頼ができます。費用がネックになりなかなか相談できずにいる人は少なくないようです。これは弁護士は高いというイメージがあるからかもしれません。確かに費用はかかりますが、給付金から差し引いて支払えるなら、迷っているよりも行動に移した方がいいのは明らかです。

訴訟の相手が国となるためちょっと末恐ろしい気もしますが、国も集団予防接種の感染については責任を認めていますので、弁護士がついていれば安心です。弁護士が手続きなどを代行してくれるので、正式に依頼すれば後は結果が出るのを待つだけです。様々な手続きが必要となるため、弁護士に依頼しても少し時間がかかります。個人差はありますが、最短でも半年ほどかかるので、行動を起こすなら早い方がいいでしょう。

B型肝炎の給付金のために弁護士を立てる

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

弁護士B型肝炎の給付金請求訴訟を起こすには、複雑な手続きと多くの書類を揃えないといけません。準備が整っても、国を相手取り訴訟を起こすことになるので、和解成立にはさらに複雑な手続きが必要になります。集団予防接種によって感染したという事実があっても、それを様々な形で証明しないといけないのです。

B型肝炎の給付金請求訴訟というと、なんだかとても大掛かりなことのように思えてしまいますし、国を相手にするなどちょっとハードルが高い気もしてしまいます。こういう時は弁護士に依頼すれば、面倒な手続きも全て代行してもらえますし、B型肝炎の給付金請求訴訟も弁護士がサポートしてくれます

しかし弁護士に依頼するにも着手金や成功報酬がかかるので、依頼したいと思っても費用がネックとなり依頼できないと考えてしまう人も少なくありません。相談料は無料としているところが多くても、正式に依頼するとなれば着手金が必要です。

弁護士事務所による違いはありますが、着手金は後払いにしてくれるところがあるので、そういうところを選べばすぐにまとまったお金がなくても、給付金から差し引く形にすれば費用の心配をしなくて済みます

ただし状態によっては思っていたほど給付金を貰えないケースもあります。給付金は受け取れたけど、弁護士に支払いをしたらほとんど残らなかったとなれば、納得できない人もいるでしょう。こういう場合は、初回の無料相談で見積もりができるので、大体の金額を確認してから決めるのがいいかもしれません。