B型肝炎の給付金のために弁護士を立てる

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

弁護士B型肝炎の給付金請求訴訟を起こすには、複雑な手続きと多くの書類を揃えないといけません。準備が整っても、国を相手取り訴訟を起こすことになるので、和解成立にはさらに複雑な手続きが必要になります。集団予防接種によって感染したという事実があっても、それを様々な形で証明しないといけないのです。

B型肝炎の給付金請求訴訟というと、なんだかとても大掛かりなことのように思えてしまいますし、国を相手にするなどちょっとハードルが高い気もしてしまいます。こういう時は弁護士に依頼すれば、面倒な手続きも全て代行してもらえますし、B型肝炎の給付金請求訴訟も弁護士がサポートしてくれます

しかし弁護士に依頼するにも着手金や成功報酬がかかるので、依頼したいと思っても費用がネックとなり依頼できないと考えてしまう人も少なくありません。相談料は無料としているところが多くても、正式に依頼するとなれば着手金が必要です。

弁護士事務所による違いはありますが、着手金は後払いにしてくれるところがあるので、そういうところを選べばすぐにまとまったお金がなくても、給付金から差し引く形にすれば費用の心配をしなくて済みます

ただし状態によっては思っていたほど給付金を貰えないケースもあります。給付金は受け取れたけど、弁護士に支払いをしたらほとんど残らなかったとなれば、納得できない人もいるでしょう。こういう場合は、初回の無料相談で見積もりができるので、大体の金額を確認してから決めるのがいいかもしれません。